FC2ブログ

15.戦国武将の生き方に学ぶ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今川義元から学ぶ

6月23日授業 テーマ:「もしもの時の危機管理とは? 今川義元」

講師:高木 純一(大阪大学大学院文学研究科 特別研究員)

1988年生まれの若い先生なので、テンポよく授業が進んでいきました。
今川義元のイメージは「公家かぶれの軟弱大名」
お歯黒・マロ眉・白塗り・・・短足で太っていたため馬に乗れなくて輿に乗って戦場へ行った。
桶狭間の戦いで信長の奇襲を受けて敗死した・・・全くいいイメージがありません。



 しかし、近年ではそのイメージが変わりつつあるとのこと。 

①大河ドラマ「風林火山」(2007年)で谷原章介が義元を演じ以降。
②「信長の野望」という歴史シュミレーションゲームで、急速なイケメン化と能力値上昇
(特に知略) ①はともかく②はほとんどの生徒は理解できなかったと思いますが。
 
  今川義元
 
 しかし、今日の授業では義元の人となりを文献を元に、一つずつ証明していって下さい
ました。まず外見に関しては、肖像画が残っていないので実際のところ太っていたかどうかわからない。お歯黒は戦国武将がしていても不思議ではなかったむしろ、家格や地位の高さの証明である。
 桶狭間で酒宴を開いていて信長の奇襲を受けたとされるが、文献により義元は下戸であった。今川家には「今川仮名目録」という戦国大名が制定した最古の分国法があった。土地の権利争い関係 人身法 喧嘩関係 売買・貸借 不入地 他国との関係 流通法 寺社法等制定されている。他にも、私戦・私闘を禁止する「喧嘩両成敗法」という法も。
こういうところが、今日のテーマ「もしもの時の危機管理とは?」の答えになるのでしょうか?

今川義元に対する悪いイメージが払拭された授業でした。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。