FC2ブログ

15.戦国武将の生き方に学ぶ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黒田官兵衛に学ぶ

9月8日授業 テーマ :「秀吉の天才軍師だったのか? 黒田官兵衛」

講師 : 清水 秀司 (大阪府高齢者大学校 講師)

「天才軍師」「知と情の軍師」と言われている黒田官兵衛。【調略・説得を得意とする新しい
タイプの軍師】とみてよいようです。
主人を裏切ったことはなく、部下に思いやりがあり、部下
の統率力に優れていたようです。


  黒田官兵衛A

小寺氏と秀吉に仕え、秀吉の天下取りを支え続けた官兵衛ですが、最後秀吉に「わしの死
後天下を取るのは官兵衛だ。」と言われたとのことですが、そんな力があったのでしょうか。


 関ケ原の戦いでは九州で出陣していますが、関ケ原の戦いの見方を間違ったために、
失敗。息子の長政の働きで戦いが早く終わってしまったことに腹立たしい思いをだいた
のでしょう。

  黒田官兵衛B

戦国の世に生き、早く戦いを終わらせ平和の世を願ったであろう官兵衛。
そんな官兵衛像はやはり、夢多き戦国武将であったといえるでしょうか。




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。