FC2ブログ

15.戦国武将の生き方に学ぶ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蒲生氏郷から学ぶ

1月26日授業 テーマ: 「信長・秀吉に愛され会津100万石」 蒲生氏郷

講師 : 河井 計実 (大阪府高齢者大学校 講師)

 
近江国日野城主蒲生賢秀の子。13歳の時織田信長の人質になるも
その才を買われ、
信長の次女冬姫をめとった。
本能寺の変で信長が亡くなると秀吉と
信長の弔い合戦で戦功をあげる。(1590
小田原討伐の功で豊臣秀吉より会津拝領(100万石)となり、伊達・徳川の抑えとして、秀吉の奥羽平定を助けた。

 文禄元年(1592)黒川城を七層の大天守閣として鶴ヶ城と命名、郭内の町屋敷を郭外に移し新しい町つくりを行った。地名を若松に改め、酒・漆器などの殖産政策を行った。

氏郷 

 戦場では先陣を切って闘う勇敢な武将であった。反面、天正3年キリスト教に入信 洗礼名は、レオン。和歌や茶の道でも利休七哲の一人であり、文化面に優れた文武両道の人物。文禄427日京都にて病に倒れ、大徳寺に葬られる40歳 。

近江(滋賀県)出身 幼名 鶴千代 元服して忠三郎賦秀と名乗る

辞世の句

限りあれば 吹かねど花は 散るものを

                     心短き 春の山嵐 ♪




スポンサーサイト

PageTop

新年会

1月19日 「 新 年 会 」

7月の懇親会から半年ぶりの、新年の節目として懇親会が開催されました。

新年会① 
一大イベントの「高大祭」も昨年無事に終わり、和気あいあいとした中で、高大祭の苦労話
や次年度の講座選択の話など飲んで食べて喋って大いに盛り上がりました。

新年会② 
高大8期の「戦国武将の生き方に学ぶ科」も残り2カ月余り、講義だけなく社会参加活動や
学習成果発表会、修学旅行等のイベントが続きますが、修了式まで元気で行きましょう。

PageTop

豊臣秀吉から学ぶ

1月19日授業 テーマ: 「足軽の子から天下統一へ」 豊臣秀吉

講師 : 河井 計実 (大阪府高齢者大学校 講師)

河井先生が、下級武士が付けた甲を持って来られ、実際に被ると重たかった。甲・鎧を
身に付けると20㎏~30㎏ぐらいになり、長時間戦う事はできなかったとの事でした。
 ビデオで「のぼうの城」の合戦シーンを見ました。足場の状況によって、戦法が変わる
事がよく分りました。

豊臣秀吉c

明智光秀や柴田勝家といったライバルを蹴落とす決め手となった中国大返し、美濃返しの
圧倒的な機動力。山崎の戦い・賤ケ岳の戦いでも見事な戦略で勝利に導いた。

豊臣秀吉d

千利休の切腹についても触れられました。その理由は、巨額な資産が利休の権威を高め、
傲慢さを持った。天下人となった秀吉は、利休の物怖じしない態度が切腹へ追いやった。

PageTop

石田三成から学ぶ

1月12日授業 テーマ:「なぜ、関ケ原の戦いは、起こったのか?」 石田三成

講師:河井 計実 (大阪府高齢者大学校  講師)

112日(木)19日(木)26日(木)3回にわたり講義をしていただく河井先生のご紹介と
ボランティアで大阪城甲冑隊として活躍された状況の説明を画像で見せていただきました。
「大阪冬の陣、夏の陣」で活躍した真田幸村にちなんだ赤い鎧が特徴です。
  
石田三成A


本日のテーマである石田三成の西軍側(豊臣側)としての人物像の説明と戦国最後の戦 
「関が原」の状況の講義を熱く語られました。

 石田三成は、融通の利かない頑固者のイメージがりますが、頭の切れる武将で、行政能
力に優れた能力を持った武将であった。豊臣政権は、
三成なくしては成り立たなかった重要
人物であった。しかし外交・軍事においては得意でなく関ヶ原合戦では、家康を中心にした
東軍に敗れ京都六条河原で処刑された。

    
石田B 


午後のクラスミーティングは、2月の社会参加活動は班ごとで実施することで決着。

また、修学旅行については多数決の結果、箕面温泉に決まり、実施の詳細については
後日に幹事より発表することになりました。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。